産総研トップへ

研究成果

  •  

    2019/03/01

     

    高い蓄熱密度と堅牢性を両立させた相変化蓄熱部材を開発
    -電子?機械?構造部材內部で融けずに蓄熱や保冷-

  •  

    2019/01/29

     

    生活空間のニオイモニタリング
    -妨害ガスがあってもニオイを識別できるセンサーアレーを開発-

  •  

    2019/01/28

     

    抗體を効率的に分離?精製できるセラミックス粒子を開発
    -抗體醫薬品のコストダウンに貢獻-

  •  

    2018/07/04

     

    世界初、実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功
    -量産プロセスにも適用可能な拡散焼結技術により実現-

  •  

    2018/05/22

     

    非破壊で次世代パワーデバイス材料の結晶欠陥を検出できる技術を開発
    -ラマンマッピングによる窒化ガリウム(GaN)半導體結晶の高品質化を促進-

  •  

    2018/03/19

     

    特殊な高分子薄膜(ポリマーブラシ)を常溫?大気中?大面積で形成できる技術を開発
    -各種基材表面の高機能化に期待-

  •  

    2018/02/05

     

    自動車內裝用の高性能木質意匠パネル?部品の作製技術の開発
    -木材の細胞を流して固める "木質流動成形" の実用化への一歩-

  •  

    2017/12/05

     

    常溫?大気中で作製できる酸化タングステン系ガスクロミック調光膜
    -省エネルギー窓ガラスに向けた新技術-

  •  

    2017/11/01

     

    機械特性を飛躍的に改善した難燃性マグネシウム合金押出材の作製に成功
    -鉄道車両部材などへの用途拡大に期待-

  •  

    2017/10/12

     

    原料の反応性を制禦して多様なメソポーラス材料を合成
    -細孔表面の性質を変えたメソスケールの化學反応場として期待-

  •  

    2017/02/13

     

    高溫下で使用可能なファイバーレス高強度高斷熱性材料を開発
    -低熱伝導率と高強度を両立、消費電力量を約38%削減-

  •  

    2017/02/09

     

    コンパクトハイパワー燃料電池システムを開発
    -出力や耐久性の向上により、移動體やロボットなどへの応用に期待-

  •  

    2016/11/09

     

    水素の大量製造を可能にする酸化物ナノ複合化陽極材料を開発
    -革新的な固體酸化物形電解技術による水素社會への貢獻-

  •  

    2016/10/07

     

    傷つけられても元に戻る透明で曇らない膜の開発
    -水溶性ポリマーと粘土粒子からなるハイブリッド膜で表面処理-

  •  

    2016/01/19

     

    「知の拠點あいち」重點研究プロジェクトにおいてリサイクル炭素繊維を用いた熱硬化性CFRPの強度を向上させる製造プロセスを開発しました

  •  

    2015/10/27

     

    呼気で肺がんのスクリーニング
    -健康管理のための呼気ガスセンシングシステムの開発-

  •  

    2015/09/18

     

    性能を保ったまま異方性サマリウム-鉄-窒素焼結磁石を作製
    -世界最強の耐熱性磁石を目指して-

  •  

    2015/03/01

     

    圧力で磁性材料からの吸熱?放熱を制御 [ PDF:399KB ]

  •  

    2014/12/11

     

    付著を防止する表面処理技術
    -粘性液体の付着抑制や氷の付着力を低減 -

  •  

    2014/12/01

     

    ディーゼル酸化触媒の白金使用量低減化技術 [ PDF:808KB ]

209件

12345678910最後のページ

國立研究開発法人産業技術総合研究所