産総研トップへ

臨海副都心センターとは

臨海副都心センターは、産総研の人工知能研究及びバイオ?製造技術との融合研究に係る國際的な産學官連攜による中核研究拠點として、各種研究を推進しています。
具體的には、産総研の研究実施部門のうち、IT分野、バイオ分野、製造分野の各研究部門、研究センターが入居し、これらの部門、センターが互いに連攜しつつ、ビッグデータから価値を創造する人工知能技術、人間の機能と行動の計測とデジタルモデル化、人工知能研究の社會実裝を加速化するための人?機械協調AI研究、安心して情報を扱うための高度な暗號化技術、ゲノム情報の醫療応用、ロボットや數理解析技術による創薬最適化、天然物ライブラリー構築による創薬スクリーニングなどの先進的な研究開発を行っています。
センター紹介
また、東京臨海地域に位置する研究拠點という立地條件を活かして企業や大學との共同研究や人材交流などの活動を積極的に展開しています。なお、本館に置かれた展示コーナー?ライフ?テクノロジー?スタジオ,臨海副都心?では、産総研の産学官連携活動の一層の進展と産総研への理解を深めていただくことを目的として、人工知能技術と創薬支援技術とに関する研究成果の一部を紹介しています。   

所長挨拶


人工知能技術とバイオ?製造技術との融合に向けた國際的中核研究拠點を目指して

産業技術総合研究所 
臨海副都心センター所長
市川 類

産業技術総合研究所の研究拠點の一つである臨海副都心センターは、國際研究交流大學村を構成する一機関として、2001年の産総研の発足と同時に設置されました。その後、2005年にバイオ?IT融合研究棟を、また、2018年にサイバーフィジカルシステム研究棟を竣工しており、産総研の唯一の都心型の研究拠點として拡充を図ってきております。
研究の內容としては、これまで、情報技術とバイオ技術の融合研究拠點として研究を推進してきましたが、近年の人工知能への関心の高まりを踏まえ、都心型立地の特性を活かしつつ、人工知能技術に係る研究開発への重點化を図るとともに、その実世界適用に向けたバイオ技術や製造技術などとの融合研究に取り組んでおり、現在、人工知能研究に係る國際的な産學官連攜による中核研究拠點へと変貌しつつあります。
その結果、臨海副都心センターは、研究者數でも、産総研の約10の地域研究拠點の中ではつくばに次ぐ第二の規模の拠點になるとともに、産総研全體の平均と比較しても、多數の産學の関係者や、非常に多くの海外研究者が參加する國際的な産學官研究?交流拠點として、成長しつつあります。また、このような中、東京に立地する研究拠點としてのメリットを活かして、企業や大學等との共同研究や連攜、次世代人材の養成、研究成果の展示施設の設置など、技術移転、人材交流、人材育成、広報等の活動を積極的に展開しています。
臨海副都心センターは、これらの活動を通して、「社會の中で、社會のために」という産総研憲章の理念のもとに、我が國の産業競爭力の強化と新産業の創出に貢獻していきます。
 

 

組織図

2018年11月1日現在
 

臨海副都心センターの組織は、研究開発の中核をなす研究推進組織と、研究開発の運営業務に攜わる事業組織から構成されています。

      臨海副都心センター所長      
           
                   
                   
 

研究推進組織


生命工學領域

  •  創薬基盤研究部門
  •  創薬分子プロファイリング研究センター
  •      

情報?人間工學領域

  •  人工知能研究センター
  •  サイバーフィジカルセキュリティ研究センター
           

事業組織


  • イノベーションコーディネータ
  • 産學官連攜推進室
  • 研究業務推進部
 
       


施設概要

本館

敷地面積 9,698m2
延べ床面積 15,033m2
構造 地上5階 建鉄骨造
特徴
  • 柔軟性の高い研究空間の実現、省エネ技術の活用
  • 部屋の自由な間仕切りが可能(自由な部屋のレイアウトが可能) 設備更新やメンテナンスが容易な階間構造
  • 太陽光による熱影響をカットするガラス壁構造(太陽光の影響30%カット)
  • 屋上への太陽光発電パネルの設置(太陽光発電パネル=300kw)
所在地 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-26
本館外観画像

別館 バイオ?IT融合研究棟、第二別館 サイバーフィジカルシステム研究棟

敷地面積 7,104m2
延べ床面積 別館 20,483m2 第二別館 3,063m2  
構造 【別館】
  • 地上12階建?塔屋1階
  • 鉄骨造?鉄骨鉄筋コンクリート造
【第二別館】
  • 地上4階建、
  • 鉄骨造?鉄骨鉄筋コンクリート造
特徴
  • ウェットラボスペースとドライラボスペースを積層させた高層研究施設
  • 間仕切りの自由度が高く、柔軟性の高い研究空間の実現
  • 柱間単位で細分化された設備システム
  • メカニカルウェル、バルコニーを利用したメンテナンス、設備更新
  • 200インチスクリーンをはじめ充実したAV設備を有する會議室
  • 屋上に太陽光発電パネルを設置
  • 制振裝置を設けた耐震安全性 
所在地 〒135-0064 東京都江東區青海2-4-7
別館外観画像
 バイオ?IT融合研究棟

サイバーフィジカルシステム研究棟

國際研究交流大學村

  東京国際交流館、日本科学未来館、産総研臨海副都心センターが連携し、新たな知を生み出す知的交流の中心「國際研究交流大學村」を構成しています。臨海副都心センターは産学官連携拠点として、国内外の各分野における第一線級研究者による多様な研究に対応するフレキシビリティの高いラボ空間を提供しています。新規産業の創出や市場拡大につながる独創的かつ先端的技術シーズの研究開発、国内外の研究者交流や研究成果の普及?情報交流を推進していきます。
 
 

産総研臨海副都心センターに関するお問合せ先

住所 : 〒135-0064  東京都江東区青海2-3-26
email: sgk-wf-ml*aist.go.jp(*を@に変えて送信して下さい)
代表電話 : 03-3599-8001  FAX : 03-5530-2061


國立研究開発法人産業技術総合研究所