産総研トップへ

研究成果

  •  

    2016/02/08

     

    染色體の大規模構造変異を高精度に検出できるアルゴリズムを開発-細胞のがん化の原因究明とがんの早期発見につながることへ期待-(創薬基盤研究部門 ゲノム機能情報研究グループ他)

  •  

    2016/01/22

     

    細胞の代謝とがん化を司る、細胞內エネルギーセンサーを発見 (創薬分子プロファイリング研究センター 3D分子設計チーム他)

  •  

    2016/01/22

     

    複数人で協調して空間をレイアウトするシステム「Dollhouse VR」を開発 -「操作」と「体感」を両立させて、利用者視点での設計を実現- (人間情報研究部門 デジタルヒューマン研究グループ他)

  •  

    2016/01/22

     

    ミトコンドリアの膜透過裝置TOM複合體の相互作用地図の作成により、タンパク質搬入口として働く仕組みを解明 (ゲノム機能情報研究グループ他)

  •  

    2015/07/23

     

    「次世代ロボット中核技術開発」(人工知能技術分野)を受託

  •  

    2013/07/24

     

    創薬分子プロファイリング研究センターの慶應義塾大學醫學部須田年生?大屋基嗣両教授の研究グループと共同した研究の成果が、慶應大學からプレスリリースされました。「薬効リプログラミング」という新たな抗がん剤の探索プロトコルを提案し、これまで抗がん剤が効き難かった種類の前立腺がん細胞を抗がん剤が効く細胞に変化させる既存薬を発見したものです。

  •  

    2013/07/23

     

    生命情報工學研究センターは、東京工業大學大學院情報理工學研究科と理化學研究所統合生命醫科學研究センターと共同で、ビッグデータから新たな科學的発見をもたらす統計的手法を開発しました。

  •  

    2013/03/07

     

    実時間Linux "ART-Linux" の新バージョンを開発しました。複数のCPUコアを独立して利用することでシステムの信頼性を向上したことが特長です。【デジタルヒューマン工学研究センター】

  •  

    2012/09/10

     

    RNAが細胞內構造タイを構築するメカニズムを解明―ノンコーティングRNA自身の生合成過程と一體化して構築―【バイオメディシナル情報研究センター】

  •  

    2012/03/27

     

    同じ機能性RNAが、細胞分裂の時期によって、染色體を構成するタンパク質を作る遺伝子の発現を促進したり抑制したりする制禦機能を実現していることが明らかになりました。【バイオメディシナル情報研究センター】

  •  

    2012/03/05

     

    それぞれの自治體などでばらばらに計測され公表されている空間放射線量のデータを、標準的なデータ形式に変換して畫面に一緒に表示する技術を開発しました。【社會知能ラボ】

  •  

    2011/12/12

     

    文部科學省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省が取り組む生命科學系データベースの統合化の方針や成果を紹介する合同ポータルサイト「integbio.jp」(インテグバイオ)を共同で開設しました。【バイオメディシナル情報研究センター】

國立研究開発法人産業技術総合研究所